「アメとムチ」という言葉がある。指導する場合において、優しく接する面と厳しくする面を使い分けることの例えだ。若手とコミュニケーションを取る上では「よし、次も頑張ろう」と、モチベーションを維持できる環境をつくるのも大切なことである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。