20世紀の医療は、「薬の創出」によって大きく前進した。天然痘、ペスト、結核などの感染症が薬によって淘汰(とうた)されたのだ。近年は、「不治の病」の代名詞だったがんに対しても効力が期待される薬が数多く作られている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。