創業後、100年以上活動を続ける企業が“成功モデル”としてもてはやされている。その多くが同族企業であることを根拠に、優位性が強調される。しかし実際は、同族企業のほとんどが、一代で消え去る。何代も続く企業でも、多くが存亡の縁をさ迷っている。では、そうならずに、永続的に発展していくために心掛けることは何か。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。