自動車は足が長いビジネスなので、長期的な視点で経営に取り組むことが大切です。同族経営は信念を持って長期目線で経営できるし、そうした文化が根付くという点で強いのでしょう。トヨタであればハイブリッド車への情熱、スズキであれば小さな車への情熱。そうした情熱がぶれると、技術や商品はモノにならないわけです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。