豊田通商と合併したトーメンのルーツは1920年、三井物産棉花部長だった児玉一造氏が設立した東洋棉花にさかのぼる。機械や繊維、食料などに強みを持ち、「トーメン出身者は営業第一主義の狩猟民族。アグレッシブだが、当たり外れも多いヤマ師的な側面もある」(ベテラン社員)と社内でささやかれる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。