かつて長崎県では、温泉と書いて「うんぜん」と読んでいた。そこから「雲仙」という地名になったという。キリシタン殉教の舞台として世界的に有名な雲仙温泉は、長崎県の島原半島にあるが、ここは1934年に日本初の国立公園に指定された温泉保養地でもある。島原半島は地球科学的な特徴が認められて、2009年には日本初のジオパークにも認定されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。