遊休資産を、インターネットを介してシェアすることで生まれるシェアリング・エコノミー(共有経済)と呼ばれる経済圏が巨大化している。ホテル業界やタクシー業界など既存の法規制で発展してきた産業と摩擦を起こしながらも、規模やサービスを拡大させている現場に迫った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。