年を越して、牡蠣のシーズン真っただ中である。そして、間もなくあの3・11がやって来る。2011年3月11日の東日本大震災で、東北・気仙沼の牡蠣がほぼ全滅した。ところが、翌年早くも牡蠣が奇跡的に復活した。海がかき回され、残っていた牡蠣が栄養をたっぷりと取ることができたためらしい。ところが、養殖場を再開したくとも資金が足りない。そこに援助の手を差し伸べたのが、かばんで有名なルイ・ヴィトンだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。