2015年はトマ・ピケティで明け、アンソニー・B・アトキンソンで暮れる。そんな勢いを見せるのが『21世紀の不平等』。弟子のピケティが『21世紀の資本』で問うた格差問題について、不平等研究の権威である師が、格差を諦めない15の方法を提言します。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。