米国経済の拡大局面は、2016年に1980年代に迫る長さとなるだろう。労働市場は完全雇用状態に一段と近づき、賃金の上昇圧力が高まっていくとみられる。一方、近年経済活動への影響力を増している異常気象や、グローバル経済および金融・為替・商品市場の動向、そして11月に控える大統領選挙などが波乱要因だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。