欧州債務危機やデフレ転落の危機を乗り越えたユーロ圏経済は、力強さには欠けるものの、10四半期連続のプラス成長と順調な回復を続けている。近年ユーロ圏の回復を牽引してきたドイツやスペインで輸出主導から内外需バランスの取れた成長へのシフトが進んでいるほか、回復が遅れていたイタリアやフランスでも景気の冷え込みに歯止めがかかってきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。