まさに“爆買い”──。大手生命保険会社と大手損害保険会社が入り乱れての大型買収劇を演じた2015年。各社が数千億円単位で投じた買収金額の合計は、年の半ばから半年ほどで軽く3兆円を超えた。この流れは、16年以降も継続するのだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。