2015年は再編の嵐が吹き荒れ、大手3強への集約が加速したコンビニエンスストア業界。3強が今、共通して狙っているマーケットは高齢者世帯だ。地域の顧客に近いというコンビニの利点を最大限に生かし、日常の買い物が困難な高齢者を囲い込もうと、16年は3強が宅配サービスを本格的に拡充する年になるだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。