商社業界で強烈な“下克上”が巻き起ころうとしている。2016年3月期に、これまで純利益トップだった三菱商事、三井物産という財閥系2強を、業界3位で非財閥系の伊藤忠商事が一気に抜き去る見通しになったのだ。伊藤忠はひそかに17年までに総合商社ナンバーワンを目指していたが、大幅な前倒しで“野望”を達成することになる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。