7~9月期の設備投資は、前年同期比11.2%増と、10四半期連続の増加となった。前期比でも、5.4%増となり、4~6月期の減速から持ち直している。これらは、日本銀行「短観」(9月調査)で示された、設備投資計画が過去5年間で最も強いという結果と整合的だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。