ゴルファーはプロアマ問わず、コースに出る(本番になる)と、打ち急いでしまう傾向があります。コース上では「球に当てたい」「遠くに飛ばしたい」という気持ちが練習のときより強くなるため、トップからの切り返しの間(ま)が短くなったり、スウィング全体のリズムが速くなってしまうのです。その結果、球を捉えるタイミングがずれてミスショットが生まれるわけです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。