デビュー作『廃用身』は、寝たきり高齢者の介護の負担を減らすため、不要な手足を切断する医師が主人公。ドラマ化もされた『破裂』は、心臓破裂を引き起こす薬を開発した医師が、安楽死の手段として高齢化社会の解決に利用する話だ。他にも安楽死法制定をめぐる小説『神の手』など、医療をテーマにした話題作を次々と送り出してきた久坂部羊氏。高齢者医療に関わる現役の医師でもあり、「高齢者と死」に関して作品や自らの発言を通して鋭い問題提起を行ってきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。