東京大学が秋入学への移行を検討し始めて教育界が揺れている。目的は人材育成だが、そうであるなら入試制度改革こそ急務と京都大学は主張する。大学の両雄の改革の真意と追求する人材像を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。