3年前に久しぶりに関西へ戻ってきて、僕は瀬戸内の魚にほれ直した。東京では特有の香りが広がる江戸前の煮穴子が主流だが、こちらではうま味が立つ明石の焼穴子が格別である。中ぶりのアナゴはいつでも美味だが、これから冬にかけては大型の「伝助アナゴ」も魅力だ。骨切りした身を炙ると最高である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。