米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は、2011年6月に出口戦略の原則を検討・公表した後、12年1月から政策金利の引き上げ開始時期について、メンバー全員の予測を公表してきた。最初の調査ではその時期は12年から16年まで分散していたが、多くは15年までには引き締め開始としていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。