ワタミが経営危機にひんしている。一時は自己資本比率が5%台にまで落ち込み、虎の子だった介護事業まで手放さざるを得なくなった。そこで打ち出した再生策は「和民」ブランドを捨てるという大胆なもの。戦略を成功させ、再生を果たすことができるのだろうか。 

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。