日本再建イニシアティブ著『「戦後保守」は終わったのか』は、過去70年の日本政治について分析した好著だ。上智大学総合グローバル学部の宮城大蔵教授は、〈経世会との権力闘争を背景にした「改革」の遂行を至上命題とした小泉政権にとって、世論の支持は不可欠であった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。