紙の手帳が全盛期にある今、再び脚光を浴び始めているのが、システム手帳だ。システム手帳といえば、本革を使用したバインダーに太いリングを備えた重厚感のある作りで、数万円もする高額な手帳。かつては、できるビジネスマンがシステム手帳を小脇に抱え、さっそうと歩くシーンが憧れの的だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。