私にとって手帳は、目先の予定の備忘録ではありません。夢をかなえる究極のツールです。なぜなら、記憶を想起する、呼び覚ます手段として、手帳に勝るものはないからです。夢を実現するためには、自分の潜在意識の中に夢を刷り込む必要がある。どれだけ刷り込めるかは、自分の脳で何回、夢を思い出せるかで決まります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。