「問題に区切りをつけ、将来への取り組みにばく進する」。まい進ではなく、ばく進というのが象徴的だった。11月16日、LIXILグループを率いる藤森義明社長兼CEO(64歳。写真)は、ドイツの元子会社ジョウユウで発覚した不正会計問題について、不正を働いた創業者のツァイ親子に対して訴訟手続きを開始したことを明かした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。