「市長選の方は何とかいけるのではないか」──。大阪府知事、大阪市長のいわゆる「大阪ダブル選」を控えて自民党本部には「1勝1敗」という楽観的な空気が流れていた。1勝でもすれば、大阪市長の橋下徹が執念を燃やす「大阪都構想」はその時点で頓挫する。しかし、結果は想定をはるかに超える票差で橋下が率いる大阪維新の会の圧勝に終わった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。