1945年8月に南樺太はソ連軍によって占領された。エレーナ・サヴェーリエヴァ著『日本領樺太・千島からソ連領サハリン州へ 一九四五年‐一九四七年』は、権力移行期における樺太在住日本人の状況を伝える貴重な歴史書だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。