毎年11月11日に行われるネット販売の一大イベント「双十一」(11が二つ並ぶという意味)。もともとはアリババグループの仕掛けで始まったこのイベントも、今では中国全体に広がっている。今年のこの日1日の売り上げは、アリババだけで912億元(約1.8兆円、前年比+60%)。これは楽天の取扱高の約9カ月分、伊勢丹新宿店の約7年分の売上高に相当する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。