エディージャパンの快進撃は、ここから始まった。2011年、36歳の若さで日本ラグビー協会のゼネラルマネジャー(GM)に就いた岩渕健輔氏。単身で英ケンブリッジ大学に留学し、現地のプロチームで活躍した海外経験を武器に、改革を徹底的に推し進めてきた。エディー氏をヘッドコーチに選んだ理由、W杯を経た日本ラグビーの今後を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。