ワールドカップ(W杯)で史上初の3勝という躍進を遂げ、一躍国民的人気者となったラグビー日本代表。弱小国日本を、「世界で勝つ」レベルに引き上げたのが、エディー・ジョーンズ前ヘッドコーチだ。エディーの組織論には、世界市場で勝てない日本企業も学ぶべきものが多い。その神髄に迫った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。