難民の流入急増による欧州の動揺が続いている。今年1月から9月までの欧州への難民流入数は約75万人と、前年同期の2倍近い数字となった。難民の多くは、シリア、アフガニスタン、イラクなどから紛争を逃れてきた人々である。欧州の世論は彼らに対しておおむね同情的で、ボランティアによる積極的な支援活動も伝えられる一方、あまりにも急な流入ペースに不安もまた広がっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。