知られているように、ケインズは、経済学者の発想は想像以上に影響力を持ち、実務家は過去の経済学者の奴隷にすぎないとの名言を残した。『緊縮策という病』は、危機時において緊縮策こそ経済成長を可能にするという、「人類史上最大のおとり商法」を知的に読解する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。