1億2000万人の全国民を巻き込んだ狂騒曲を奏でながら、手元に届いたマイナンバーで一体、何がどう変わるのか。来年1月以降は社会保障と税、災害時の行政手続きでマイナンバーを書き込む機会が増えそうだ。この3分野に加え、2018年1月から預貯金口座にも任意で番号をひも付けする改正マイナンバー法が今年9月に成立した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。