ラウンド当日は、早めにコースに着いて、入念にウォーミングアップ。練習場で球を打ちながら「体と気持ちの準備を整える」というのが理想的ですが、実際は時間がなく、慌ててスタートホールに向かう人が少なくないと思います。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。