安倍晋三首相は、9月の経済財政諮問会議で、携帯電話料金の見直しを求める発言を行った。これを受け総務省に9月末に設置された「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」は、年内の結論を目指して検討を始めている。携帯電話料金の引き下げはいいことだ。政府は、物価を上げようとする日本銀行とは明らかに異なる路線を歩みだした。このような変化を、歓迎したい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。