巨人に在籍する鈴木尚広外野手をご存じだろうか。30代後半となった現在も、代走のスペシャリストとしてベンチに欠かせない存在となっている。彼は若い当時から、周囲に「そこまでやらなくてもいいんじゃないか?」と言われるようなことにまで取り組んでいたという。例えば、今では当たり前になったサプリメントの摂取や、新しいトレーニング方法、トレーニング器具といったことも、自分で勉強しながら取り入れていたと聞く。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。