今夏のボーナスは、期待外れに終わった。ボーナスに相当する特別に支払われた給与は、8月に前年同月比1.9%増にとどまっている。今夏ボーナスへの期待は大きかった。理由の一つは、企業の経常利益がリーマンショック以前のピークを上回るほど好調であったことだ。また、消費税率引き上げ後に低迷していた消費の反転のきっかけとしての期待もあった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。