ユーロ危機、ギリシャ危機、シリアからの大量難民流入などの要因が、EU(欧州連合)にどのような影響を与えるかを読み解くことが国際情勢分析の鍵になる。児玉昌己著『欧州統合の政治史』は、EUの歴史と構造的に抱える問題を解き明かした優れた本だ。文も読みやすい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。