目を開けたら眼前の世界が見え、自分を取り囲むさまざまなものがどう配置されているかが分かる。当たり前過ぎて気に留めることもないが、考えてみるとありがたい。もし、この能力を持っていなかったら、世界のレイアウトが分からず、私たちは車の運転やスマートフォンの操作はおろか、日々の生活を送るのはほとんど不可能だろう。脳の中には、目に映った外界世界の位置情報を伝える仕組みがあるはずだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。