中国や台湾が尖閣諸島の領有を主張していることを「知っている」と答えたのは92%。また、1968年に尖閣諸島付近の海底調査で地下資源埋蔵の可能性が確認されてから中国と台湾が領有を主張するようになったことを「知っている」のは87.6%だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。