安倍晋三首相は、2015年9月の記者会見で、「新しい3本の矢」の構想を打ち出した。以下では、果たして目的が達成できるかどうかを中心として、この構想を検討する。第1の矢は、14年度では491兆円である日本の名目GDPを、20年度に600兆円にするというものだ。この目標は、内閣府が15年7月に公表した「中長期の経済財政に関する試算」の計数と同じなので、それを参考にすることができる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。