かつて仕事人生といえば定年の60歳までだった。だが年金受給開始年齢の引き上げなどから「サラリーマンとして仕事人生を全うする」という選択肢は現実味がない時代だ。これまでの経験を生かして一勝負かけるか──。頭の隅で「起業」を意識したことがないサラリーマンはいないはずだ。実はいま、ネット革命によって起業というハードルはかつてより格段に低くなっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。