評者はロシア専門家である。外交官時代は、クレムリン(ロシア大統領府)に対するロビー活動と北方領土交渉を主な仕事にしていた。現在、第一線で活躍している日本人のロシア専門記者の中で、評者は朝日新聞モスクワ支局長の駒木明義氏を最も信頼している。政治部出身で、過去20年の北方領土交渉の経緯について駒木氏は熟知している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。