規模の論理が働くコンビニエンスストア業界では今、中小チェーンが相次いで大手のグループに入るなど、再編が相次いでいる。その結果、業界は寡占化が進み、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの三国時代に突入する。3強は勢力を拡大すべく、熾烈な陣取り争いを繰り広げている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。