つい数年前まで、日本製の商品は品質が良くても価格が高いと見向きもされないものが多かったが、最近は大きく様子が変わっている。中国ではユニクロや無印良品が大人気で、日本では中国人による爆買い風景が見られ、中国でも日本商品を好んで購入する消費者が増加している。ネット通販でも日本商品が多く出品され、昨年2月には個人輸入専門のネット通販も始まった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。