自営業者とは違い、経費として所得から控除ができるものが少ないのがサラリーマンだ。そのサラリーマンが、節税に向けて利用できる隠れた手法がある。それが、「特定支出控除」だ。2013年から制度が拡充されており、それまで日本全国で1桁だった利用者が、一気に1500人以上にまで急増した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。