実は今、「富裕層の間で、節税を目的としたミクロネシアでの法人設立に火が付きつつある」(富裕層ビジネス関係者)という。その理由は、ミクロネシアが明らかに日本に狙いを定めた二つの優遇策を用意しているからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。