今、ひそかに“増税包囲網”が形成されつつある。富裕層には、みなし譲渡税が課せられる出国税が導入され、財産債務調書の提出が来年から始まる。サラリーマンには、配偶者控除の見直しや各種控除の廃止──。自らを守るには、節税術を駆使するのが最善の策といえよう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。