翁長雄志ほか著『沖縄と本土』は、7月29日、朝日新聞東京本社で行われたシンポジウム「いま、沖縄と本土を考える」の記録に一部の参加者の追加インタビュー、関連資料を収録した、辺野古新基地建設問題に関する基本書だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。