消費税というのは基本、軽減税率などもろもろの例外をつくるべきではありません。なぜなら一律課税ができることがメリットだからです。還付に関しては、「負の所得税」のような方式がベターだと思います。マイナンバーで所得を一律に管理できるようになれば、ある一定以下の所得の少ない人たちに対しては課税ではなく給付が可能になるからです。もちろん財源の問題はありますから、社会保障制度を一から見直す必要があります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。